Home » 消費者金融一覧から見る借りやすさ

消費者金融一覧から見る借りやすさ

消費者金融一覧から見る借りやすさですが、実際に申し込みをしてみないとわからないという意見も多いようですが、実は一定の参考になる基準があります。それは、審査通過率とか、成約率などと言われているものです。

審査通過率については、大手消費者金融の3社では公式ホームページのマンスリーレポートなどに公開されています。大手消費者金融の3社では、アコムとアイフルが審査通過率が高く、プロミスはやや低めになっています。プロミスでは最高金利が他社よりやや低めの17.8%となっていることが関係しているのかもしれません。とはいっても、45%〜49%程度なのに対して、プロミスは42%〜45%と、それほど大きな差があるわけでもありません。他にはレイクでも審査通過率が公開されており、33%〜38%とプロミスよりもさらに低めになっています。レイクは銀行カードローンなので、消費者金融に比べて審査通過率が低めになっているのは納得ができます。

審査通過率というのは、申し込んだ人の中でどのくらいの割合が審査に通過しているかを示す値なので、そのまま借りやすさを表しているわけでもありません。ブラックの人や、多重債務者のように、審査に通過するのが難しい人もたくさん申し込みをしていますので、属性の良い人・悪い人がどのくらい申し込みをしているかによっても数値は変わってきます。

消費者金融一覧では、名前を聞いたことがないような知名度の低い中小業者もたくさんありますが、そういった中小業者のほうが借りやすいかもしれません。中小業者は大手の審査に落ちた人もターゲットにしているようなので、大手に比べて借りやすい傾向があるようです。ただし、信頼できる業者であるか、しっかりと下調べをしてから借りることが大切です。
参照:消費者金融審査甘いのは?

関連記事

Name of author

Name: 管理人